超高齢社会を迎え、かかりつけ医療の重要性が高まりつつあります。しかしかかりつけ医療は予防〜外来診療、往診や、在宅医療そしてターミナルケアまで、疾病にかかわらず対応するという膨大な診療業務の集約であり、個々の医療者の努力によってカバーしきれるものではありません。今後日本においてかかりつけ医療が普及するためには、教育やさまざまな業務支援などが不可欠となっております。かかりつけ医療研究塾では、日本に健全なかかりつけ医療が普及することを目指し、さまざまな活動を行ってまいります。なにとぞ本活動にご賛同いただき、ご協力、ご指導、ご助言など賜れればと思います。

かかりつけ医療研究塾 発起人 英 裕雄
(新宿ヒロクリニック 院長)

【目 的】
 かかりつけ医療とは、専門性にとらわれることなく、患者が必要とするものを、予防からターミナルケアまで、様々なライフステージに応じたサポートを適切に提供しようとする医療といえる。本研究塾はかかりつけ医療の普及啓発を行いつつ、提供するための幅広い臨床能力、様々な業務システム支援や、対応力向上などかかりつけ医の資質向上のための支援を行うことを目的とする。

【活 動】
かかりつけ医療の普及啓発活動
かかりつけ医療モデルの研究、及び学術集会の開催
機関紙、論文、図書、プレスリリースなどの刊行及び発行
医療機関見学会、そのほか関係企業見学会
業務支援(開業医院間支援、夜間コールセンター支援、往診支援、多職種連携支援)
研究塾活動(総合診療・家庭医療研究会、在宅医療・往診医療研究会、連携研究会、かかりつけ業務研究会など
研修制度(研修医、学生、かかりつけ医養成研修、業務・IT部門、労務・会計部門)
会員間の相互支援活動サポート(24時間体制構築支援、電子カルテ開発支援)
かかりつけ医療コンサルテーションの実施
かかりつけ医療開業支援、独立支援(院長候補研修、外来・在宅医療研修、その他財務を含む開業に関わる部分)
かかりつけ医療研究塾オンラインサロンの運営

【会 則】
【会員】
第4条 本会の会員は次の通りとする。
⑴準会員
本会の目的に賛同し入会したもの。
 会員特典 この会が発行する会報誌の配布
 この会が主催する学術大会および学会誌において行う他正会員との共同研究発表

⑵正会員
本会の目的に賛同し入会したもの。
 会員特典 この会が発行する会報誌の配布
 この会が行う各種の行事への参加費の割引
 この会が主催する学術大会および学会誌において行う他正会員との共同研究発表
 この会の役員、評議員への推薦、及び立候補
 この会の行う、かかりつけ医療経営コンサルテーションの受講、及び指導資格
 (別途規定あり)

⑶法人会員
(原則として医療機関、若しくは、医療に関わる法人。法人にて2人までを認める)
機関紙を購読し、定期的な学会などへ参加などを目的とした法人。
 会員特典 正会員に準ずる

⑷賛助会員 本会の目的に賛同してこれを援助する個人又は団体。
 会員特典 この会が発行する会報誌の配布
 この会が行う各種の行事への参加費の割引

【入会】
正会員、法人会員、賛助会員、及び、準会員の入会については、事務局での審査の上、許可を得るものとする。
原則として、医師、及び、医療機関経営陣である個人、法人又は医療に関わるものであることとする。

正会員、法人会員、賛助会員、及び、準会員として入会しようとするものは、入会申込書により、事務局に申し込むものとする。入会についての審査を行い、申し込みから2週間に以内に入会の通知を行う。入会の可否の理由は通知しない。
役員は正会員が推挙し、事務局が審査を行いて本人の承認を持って役員となる。

【年会費】
準会員、正会員、法人会員、賛助会員、は別に定める年会費を納入しなければならない。

  準会員  12,000円/年
  正会員 40,000円/年
  法人会員 80,000円/年
  賛助会員 100,000円/年
  入会金 10,000円/年
  *かかりつけ医療経営コンサルテーションは、別途契約が必要となります。


返送先FAX 03-6903-6821
FAX申込書ダウンロード

『かかりつけ医療研究塾』第一期会員入会を希望する(必須) 正会員 法人会員 準会員 賛助会員
お名前(必須)
役職(必須)
勤務先名(必須)
病院名・診療所名・施設名等
専門名(必須)
資格(必須) 医師 病医院幹部 看護師 その他
資格その他
郵便番号(必須)
都道府県(必須)
住所・番地(必須)
マンション名・部屋番号(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
ファックス番号